在宅医療における他職種の業務内容と連携


在宅医療における他職種の業務内容と連携

業務内容と連携

医師、歯科医師、訪問看護師、ケアマネージャー、ヘルパー、ケアワーカー、ソーシャルワーカー、リハビリテーション専門職など、多くの医療関係者が関わり、連携をとりながら在宅医療を行っています。さまざまな職種の活動の一部を紹介します。

 

 

医師
定期的に患者宅を訪問して診察を行い、疾患の治療、健康管理を行います。血液検査、予防接種、エコー検査、胃瘻カテーテル交換、気管切開カニューレ交換、膀胱カテーテル交換、褥瘡処置、抗菌薬・電解質輸液などの点滴など、簡易な検査や処置も行います。

 

しかし、MRIやCTなどの検査や高度な医療は行えません。患者の症状によっては連携する医療機関に受診・入院の紹介をします。また、定期訪問以外に患者の容体の変化があった場合、緊急に患者宅を訪問し、診察を行います。

 

患者・家族が望めば終末期医療も担い、自宅での看取りも行います。また、診察後、処方箋を発行し、必要に応じて薬剤師や訪問看護師に、患者宅を訪問するよう指示します。

 

歯科医師
歯科衛生士などとともに患者宅を訪問し、通常の歯科治療、口腔ケアや義歯の作成・メンテナンスなどを行います。また、咀嚼(そしゃく)機能・嚥下機能の評価・指導・リハビリの実施や、患者に合わせた適切な食事形態を指示し、低栄養や誤嚥性肺炎を予防します。

 

訪問看護師
医師の指示があれば、患者宅を訪問して幅広く看護を行います。
・医療的処置(点滴、各種注射、痰の吸引など)
・バイタルサインのチェック(血圧、体温、脈拍、酸素飽和度などの測定)
・褥瘡管理
・リハビリ(拘縮予防や機能の回復、嚥下機能訓練など)
・認知症ケア(相談、事故防止のための工夫)
・療養上の世話(食事、洗髪、入浴の介助など)
・終末期の看護(ターミナルケア)

 

また、訪問入浴サービスにも看護師が帯同しており、入浴前チェック(入浴の可否判断)、入浴後の処置(薬の塗布など)なども行います。

 

介護支援専門員(ケアマネジャー)
要支援・要介護になった人に対し、最も経済的で効果的な介護保険内外のサービス、地域のプログラムや施設など、様々な社会資源を紹介し利用できるように手配・調整を行います。

 

医師、看護師、薬剤師など各種専門職と連携を取り、「支援ネットワーク」を構築する役割があります。また、介護保険で適切なサービスを受けることができるように、介護サービス計画(ケアプラン)を作り、プランの継続的な管理と再評価も行います。

 

訪問介護員(ヘルパー)
社会福祉法人、医療法人、NPO法人などの事業所に属し、介護保険に基づき利用者の自宅で、身体介護および自立生活のための支援を行います。洗濯、買い物、調理、掃除などの家事援助のほか、食事や着替え、排泄や入浴などの介助、通院やリハビリなどの付き添いなどの身体介護も行います。

 

介護福祉士(ケアワーカー)
介護福祉士にしかできない仕事というものはなく、全般的な仕事は訪問介護員とほぼ同じです。「訪問」に限定されることなく、施設や病院などの中で介護サービスの提供も行っています。ただし、訪問介護員が「認定資格」であるのに対し、介護福祉士は「国家資格」であり、介護職の現場で昇進や役職、責任などの点で違いがあります。

 

社会福祉士(ソーシャルワーカー)
心身・環境上の理由から、日常生活に支障がある人からの相談に応じ、利用者が自主的に問題解決に当たれるよう援助・指導を行います。必要に応じ、福祉サービス関係者、医師や保健医療サービスの提供者などと連携し、仲介やアドバイスを行い、それぞれの事情に合った福祉サービスを提案・調整する後方支援の役割を担います。福祉施設、地域包括支援センター、居宅介護支援事業所、市町村や社会福祉協議会の福祉相談窓口、医療機関などに所属しています。

 

リハビリテーション専門職
障害のある人々を身体的、心理的、社会的、職業的、経済的に、各人それぞれの最大限度にまで回復させます。医師の指示の下、リハビリテーションが行われます。

 

理学療法士(PT)
診療の補助として、身体機能障害・麻痺・後遺症などから、基本的動作能力の回復を図ることを目的に、運動療法・物理療法を行います。

 

作業療法士(OT)
理学療法により基本的動作が回復した患者に対し、応用動作と社会的適応に向けた能力回復のためのリハビリを行います。

 

言語聴覚士(ST)
言葉や声発音の障害、聴覚障害、摂食・嚥下障害に対し、テストや検査を実施し評価を行った上で、必要に応じて訓練、指導、助言その他の援助を行います。

 

視能訓練士(ORT)
両眼視機能に障害のある者に対し、回復のための矯正訓練およびこれに必要な検査を行います。

関連ページ

なぜ、一般の方が医療を学ぶべきなのか?

人生の分岐点で成功する「薬剤師の就職・転職・スキルアップ」はこちら

あなたの人生を美しく「癒しの写真」はこちら







ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME 当サイトの目的 薬剤師の就職・転職支援 本の紹介・著書 お問い合わせ

先頭へ戻る