アドラー心理学|人生の悩みはすべて「人間関係」でできている


アドラー心理学|人生の悩みはすべて「人間関係」でできている

人生の悩みはすべて「人間関係」でできている【アドラー心理学】

アドラー心理学とは、アルフレッド・アドラー(Alfred adler)が最初のアイデアを提示し、その後継者と研究者たちが発展させてきた心理学のひとつです。「人生の悩みはすべて『人間関係』でできている」とした上で、子育てや学校教育に活用されています。アドラー心理学を知ると、人間関係が良い方向に変わるでしょう。

 

まず、現代の「アドラー心理学」には、5つの基本前提があります。

  1. 目的論:人はまず目的(種族保存、所属など)を持ち、そこに向かって考え行動する
  2. 全体論:人の意識、無意識、行動は別々なものではなく、個人という全体である
  3. 社会統合論:人は社会に埋め込まれており、抱える問題は全て対人関係上の問題である
  4. 仮想論:人は自分、他者、周りの世界を自分の都合のいいように見ている
  5. 個人の主体性:人は自分の人生を自分で決めることができる

これらの基本前提は、氷点下では水が氷になるような「自然科学の原理」とはまったく異なるものです。

 

多くの日本人には、自然科学の原理が染みついています。このため、怒りやすい人がいた場合、「もともと怒りっぽい性格」や「何か嫌なことがあったのだろう」と、ついつい原因を考えがちです。しかし、アドラー心理学は、「この人は自身の目的を達成するために『怒る』という行動をとっているのだ」と目的論で考えます。

 

人は都合のいいように世の中を見て、「今の自分」への不満を何かのせいにしたがっています。それは「仕方ない」と思いたいからです。しかし、人は傷つかないまま、人を傷つけないまま、生きることはできません。人は必ず、人と関わって生きています。何かに逃げることはできません。

 

じゃあ、どうしたらいいのかというと「強くなる」しかありません。

 

強くなるには、まず自分を好きになりましょう。今の自分を100%認めることができれば、どんなことがあっても、後悔したり落ち込んだりすることはなくなるはずです。

 

勇気があり、自信があり、リラックスしている人だけが、人生の有利な面からだけでなく、困難からも益を受けることができる。そのような人は、決して恐れたりしない。困難があることは知っているが、それを克服できることも知っており、…準備ができているからである。
『個人心理学講義』 p.16

 

自分を認めるには、「自分は、本当は何をしたがっているのか」に気づく必要があります。つまり、「自分はこうなりたい」という思いを持つことが大切です。

 

続いて、劣等感との向き合い方です。

関連ページ

 

 

なぜ、一般の方が医療を学ぶべきなのか?

人生の分岐点で成功する「薬剤師の就職・転職・スキルアップ」はこちら

あなたの人生を美しく「癒しの写真」はこちら







ホーム RSS購読 サイトマップ

先頭へ戻る