アドラー心理学|トラウマを捨てる


アドラー心理学|トラウマを捨てる

トラウマを捨てる

「変えられない過去ではなく、これからを変える」

 

人はみな、人生について自分が持っている仮説が正しいことを肯定する理由を、常に探して生きています。

 

例えば、「人は信じられない」と仮定している人は、さまざまな体験の中から嫌な出来事だけを取り出して、「やっぱり人は信じられない」と仮説を肯定し、あたかも人は信用できないかのように振る舞います。本当は、人を信じて嬉しかったこともたくさんあるはずなのに、それはあえてみません。

 

性格の根底にあるのは、「こう振る舞ったほうが、自分にとって生きる上で役に立つ」という学習の積み重ねです。

 

自分が不完全であると認めれば、失敗してもいいと思えます。間違いを指摘されても受け入れることができます。

 

人は出来事(単なる事実)を自己像と世界像という思い込みで意味付けをし、出来事を解釈します。自己像と世界像は自分の経験への意味付けで偏ります。

 

ある出来事をトラウマと意味づけているのは自分自身で、その出来事を失敗と意味づけているのも自分自身です。

 

トラウマといえば、できない理由(言い訳)ができるので便利です。人間は常に有能であることを目指している生き物なので、課題に挑戦すると、自分の無能が明らかになるのが怖からです。

 

「できない」は「やりたくない」と、自分の都合の良いように言い訳しているのです。

 

続いて、ライフスタイルを分析するです。

関連ページ

なぜ、一般の方が医療を学ぶべきなのか?

人生の分岐点で成功する「薬剤師の就職・転職・スキルアップ」はこちら

あなたの人生を美しく「癒しの写真」はこちら







ホーム RSS購読 サイトマップ

先頭へ戻る