SCAP法|ポリファーマシー解決法


SCAP法|ポリファーマシー解決法

SCAP法|ポリファーマシー解決法

ポリファーマシーとは、明確な基準はありませんが、「必要以上に薬をのんでいる状態」をさします。近年、ポリファーマシーによる有害事象飲み間違いなどが社会的な問題となっています。このポリファーマシーを解消するために、「SCAP法」が用いられます。

SCAP法

SCAP法は、抗精神病薬の減量方法のひとつです。「1つづつ、ごく少しづつ、休んでも戻しても可」とし、徐々に減量を行います。臨床試験の結果、忍容性に優れ安全性と効果は減量してもしなくても変わりありませんでした。(2剤以上、クロルプロマジン換算 500~1,500 mg/ dの入院・外来の統合失調症患者 55施設、163名)

 

SCAP法の注意点

  • 減量は状況に応じて毎週・あるいは2週ごとに1回、を繰り返す
  • 減量は1回あたり1剤、シートの減量限界以内 (つまり減らさない・戻すことも可能)
  • 減量期間は3ヶ月から6ヶ月
  • 新規薬剤の切替や上乗せはしない

 

詳しくは次のリンク(外部サイト)をご覧ください。
SCAP法による抗精神病薬減量支援シート

関連ページと参考図書

なぜ、一般の方が医療を学ぶべきなのか?

人生の分岐点で成功する「薬剤師の就職・転職・スキルアップ」はこちら

あなたの人生を美しく「癒しの写真」はこちら







ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME 当サイトの目的 薬剤師の転職支援 本の紹介・著書 お問い合わせ

先頭へ戻る