MAI|ポリファーマシー解決法


MAI|ポリファーマシー解決法

MAI|ポリファーマシー解決法

ポリファーマシーとは、明確な基準はありませんが、「必要以上に薬をのんでいる状態」をさします。近年、ポリファーマシーによる有害事象飲み間違いなどが社会的な問題となっています。このポリファーマシーを解消するために、「MAI(Medication Appropriateness Index)」が用いられます。

MAI(Medication Appropriateness Index)

MAIは、1992年に米国デューク大学病院で開発された「不適切な処方をスクリーニングする方法」です。次の10項目について3段階(※)でスコアを評価します。あらゆる年齢、あらゆる薬剤に適用することができます。[J Clin Epidemiol. 1992 Oct;45(10):1045-51. PMID: 1474400]

 

※3段階:「適切=0点」「わずかに適切=0点」「不適切=1〜3点(項目ごとに重みづけ)」最終的に18点満点で評価。

 

  1. 薬の適用はありますか
  2. その病態に薬物療法が効果的ですか
  3. 用量は正しいですか
  4. 指示は正しいですか
  5. 指示は実用的ですか
  6. 臨床的に重要な薬物間相互作用はありませんか
  7. 臨床的に有意な薬物・疾患/病態相互作用はありませんか
  8. 他の薬剤との不必要な重複はありませんか
  9. 治療期間は許容できますか
  10. この薬は他の同効薬と比べて安価ですか

出典:A method for assessing drug therapy appropriateness Joseph T.Hanlon, et al

 

出典:Clinical pharmacist evaluation of medication inappropriateness in the emergency department of a teaching hospital in Malta

 

MAIは、Beersクライテリアよりも検出力に優れると考えられています。しかし、MAIを低下させることで、入院や総死亡を減らすなどの臨床アウトカムについては不明です。

関連ページと参考図書

なぜ、一般の方が医療を学ぶべきなのか?

人生の分岐点で成功する「薬剤師の就職・転職・スキルアップ」はこちら

あなたの人生を美しく「癒しの写真」はこちら







ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME 当サイトの目的 薬剤師の転職支援 本の紹介・著書 お問い合わせ

先頭へ戻る