薬剤師が就職面接に行くときに必要なもの|薬剤師の就職・転職


薬剤師が就職面接に行くときに必要なもの|薬剤師の就職・転職

薬剤師が就職面接に行くときに必要なもの

▶履歴書
就職・転職する際は必ず履歴書が必要です。きちんと写真を貼り、綺麗な字で書きましょう。職歴欄は簡潔に書き、詳しい職歴内容などは職務経歴書へ記載します。志望動機は必ず書きましょう。面接で一番聞かれるところなので、スムーズに答えれるようあらかじめ答えを用意しときます。

 

▶筆記用具・メモ帳
転職時の面接では、実際に働き始める日や時間などを口頭で言われることがあります。「記憶」よりも「記録」した方が確実です。また、ただ話を聞いているよりもメモをとっている方が、面接官に対して良い印象を与えます

 

▶職務経歴書
必要な会社と必要ではない会社がありますが、職務経歴書を提出する場合があります。今までどんな仕事・経験を積んできたか、誰でもわかるような職務経歴書を提出します。相手に伝わらなければ意味がないので、専門用語ばかり並べる必要はありません。

 

▶薬剤師免許証のコピー
薬剤師であることを証明するために必要です。企業によっては、面接時に免許証のコピーが必須である場合もあります。今必要なくてもいずれは必要になるので、必ず用意しときましょう。

 

▶時計
遅刻は厳禁です。時間にゆとりをもって行動しましょう。いつ何が起こるかわかりません。早めの行動が必要不可欠です。

 

▶最後の質問内容を考えておく
ほとんどの面接で「何か質問はありますか?」と聞かれます。いきなり聞かれてもなかなか質問を考えるのは難しいので、事前に準備して面接に臨みます。会社のサイト、求人票などを見て質問内容を考えます。

 

転職サイトによっては、面接時にコンサルタントが同席してくれる場合があるので、年収や就業時の条件などの交渉は転職サイトのコンサルタントに行ってもらいましょう。

 

面接が終わった後は、「実際に働く職場の見学」もしてください。コンサルタントを活用し、これらのステップを踏んでいくことが転職成功の秘訣です。

 

転職の方、「転職コンサルタントの同行」はこちら

 

その他の方、「面接で聞かれること」はこちら

おすすめの転職・就職サイト

▶ご利用満足度3年連続No.1

 

▶「あなた」の希望を叶える好条件求人を幅広くラインナップ

 

▶8万件以上の求人件数を誇る国内最大級の薬剤師専門の求人サイト

 

▶求人件数業界No.1、充実の教育体制、豊富な紹介先で薬剤師をサポート

 

▶薬剤師専門なので、病院や調剤薬局の求人に強く、業界・勤務形態を問わず幅広いご希望に対応

関連ページ

▶まず初めに読んでほしいこと、知っておいてほしいこと
薬剤師が就職・転職活動を始める|薬剤師の就職・転職
薬剤師の企業の選び方|薬剤師の就職・転職
もう一度退職理由を考えてみる|薬剤師の就職・転職
薬剤師の年収の話|薬剤師の就職・転職
薬剤師の適正年収の決まり方|薬剤師の就職・転職
薬剤師の高額求人の罠|薬剤師の就職・転職
薬剤師の就職・転職で失敗しないために|薬剤師の就職・転職
薬剤師の就職・転職で失敗する人の共通点|薬剤師の就職・転職

 

▶薬剤師の主な勤務先とは
保険薬局で薬剤師として就職する|薬剤師の就職・転職
病院で薬剤師として就職する|薬剤師の就職・転職
ドラッグストアで薬剤師として就職する|薬剤師の就職・転職
製薬会社で働く薬剤師の仕事とは|薬剤師の就職・転職
大学で働く薬剤師の仕事とは|薬剤師の就職・転職
政府で働く薬剤師の仕事とは|薬剤師の就職・転職

 

▶退職するとき
上司に退職を伝える方法|薬剤師の就職・転職
強い意志を持って退職を伝える|薬剤師の就職・転職

 

▶履歴書・面接のいろは
薬剤師の良い履歴書の書き方|薬剤師の就職・転職
転職が多い場合の履歴書の書き方|薬剤師の就職・転職
薬剤師が就職面接に行くときに必要なもの|薬剤師の就職・転職
面接時、転職コンサルタントに同行してもらう|薬剤師の就職・転職
薬剤師の就職面接で聞かれること|薬剤師の就職・転職
薬剤師の就職面接に行く前に|薬剤師の就職・転職
不採用になる薬剤師の特徴|薬剤師の就職・転職

 

都道府県別から希望の求人を探す

 

薬剤師の就職・転職・スキルアップ

なぜ、一般の方が医療を学ぶべきなのか?

人生の分岐点で成功する「薬剤師の就職・転職・スキルアップ」はこちら

あなたの人生を美しく「癒しの写真」はこちら







ホーム RSS購読 サイトマップ

先頭へ戻る