不採用になる薬剤師の特徴|薬剤師の就職・転職


不採用になる薬剤師の特徴|薬剤師の就職・転職

不採用になる薬剤師の特徴

転職しやすく採用されやすい薬剤師ですが、中には不採用になる方もいます。

 

・希望する年収が高すぎる
・薬剤師としてのスキルが足りない
・年齢が高い
・思っていた人物像と違う

 

このような理由は不採用には関係ないです。たとえ希望年収が高くても、あなたがそれ以上の利益を出してくれるなら受け入れてくれます。また、世の中には調剤未経験者を歓迎する薬局が存在します。

 

薬剤師が不採用になる人は次のような方です。

 

▶学びたい姿勢が薄い、会社の事についてあまり調べていない
病院や薬局などを受けようと思っている方の中で、調剤未経験者であると自信がないのは当たり前です。そのため、「これから頑張るので勉強させて欲しい」という気持ちが重要です。

 

▶協調性が乏しい
仕事は一人でするものではありません。同じ職場の仲間と連携しながら行わなければいけません。家庭などそれぞれ都合はあると思いますが、自分の都合だけではなく、周りにも協力できるような姿勢が見えないと厳しいです。

 


▶コミュニケーション能力が低く、暗いイメージ
面接では、相手が投げかけた質問に対してきちんと答えることができれば良いです。ただし、質問の意図と違う答えが返ってくればコミュニケーション能力が低いと判断されます。また、暗いイメージも良くないので、背筋を伸ばし明るく接しましょう。

 

当たり前の事かもしれませんが、自分に思い当たることがないか一度見直してみましょう。

おすすめの転職・就職サイト

関連ページ

なぜ、一般の方が医療を学ぶべきなのか?

人生の分岐点で成功する「薬剤師の就職・転職・スキルアップ」はこちら

あなたの人生を美しく「癒しの写真」はこちら







ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME 当サイトの目的 薬剤師の転職支援 本の紹介・著書 お問い合わせ

先頭へ戻る