上司に退職を伝える方法|薬剤師の就職・転職


上司に退職を伝える方法|薬剤師の就職・転職

上司に退職を伝える方法

退職を伝える最初の相手は、直属の上司です。

 

▶退職時期はなるべく早く伝えましょう
法律上では二週間前に伝えれば退職出来るそうですが、会社もあなたの代わりを見つけなければいけません。会社にも準備期間が必要なので、二週間ではあなたの代わりを見つけることは困難です。

 

遅くても1ヶ月前、一番良いのは転職先が決まったらすぐに伝えましょう。早めに行動することで、ギリギリに伝えた時よりスムーズに退職できます。もしここで引き止められても、上司を説得する時間が出来ますし、会社にも準備期間の時間がとれます。

 

▶一番大切なのは自分
転職で一番大切なのは、「自分」です。転職にも大変多くのエネルギーを使いますし、自分の人生がかかっています。「〇〇と言われたから…」と転職を諦めてしまうと、後々「やっぱり転職すればよかった」と悔いる時期がくると思います。そうならないためにも、この時だけは自分を優先させましょう。

 

上司に退職を伝える時、必ず「退職理由」も必要になります。

 

退職理由は人ぞれぞれで、「給料が低い」、「人間関係が悪い」、「ここにいても成長できない」などあると思います。しかし、この理由をそのまま退職理由として伝えるのはやめましょう。退職理由は前向きな意見で伝えます。

 

「給料が低い」が理由なら、「これから子どもが大きくなり学費や塾代が必要になるし、将来の家族のことも考えて給料の高い薬局で働くことにしました。」と言い換えます。重要なのは、「本心は変えずに表現を変える」ことです。嘘をついて辞めるのではなく、本心の表現方法を変えるだけで立派な理由に聞こえます。あなたの本心はしっかりと伝えているので、上司から引き止めにあっても、あなたの強い意思さえあれば納得してもらいやすくなります。

 

続いて、なぜ、退職を引き止められるのか?

おすすめの転職・就職サイト

▶ご利用満足度3年連続No.1

 

▶「あなた」の希望を叶える好条件求人を幅広くラインナップ

 

▶8万件以上の求人件数を誇る国内最大級の薬剤師専門の求人サイト

 

▶求人件数業界No.1、充実の教育体制、豊富な紹介先で薬剤師をサポート

 

▶薬剤師専門なので、病院や調剤薬局の求人に強く、業界・勤務形態を問わず幅広いご希望に対応

関連ページ

▶まず初めに読んでほしいこと、知っておいてほしいこと
薬剤師が就職・転職活動を始める|薬剤師の就職・転職
薬剤師の企業の選び方|薬剤師の就職・転職
もう一度退職理由を考えてみる|薬剤師の就職・転職
薬剤師の年収の話|薬剤師の就職・転職
薬剤師の適正年収の決まり方|薬剤師の就職・転職
薬剤師の高額求人の罠|薬剤師の就職・転職
薬剤師の就職・転職で失敗しないために|薬剤師の就職・転職
薬剤師の就職・転職で失敗する人の共通点|薬剤師の就職・転職

 

▶薬剤師の主な勤務先とは
保険薬局で薬剤師として就職する|薬剤師の就職・転職
病院で薬剤師として就職する|薬剤師の就職・転職
ドラッグストアで薬剤師として就職する|薬剤師の就職・転職
製薬会社で働く薬剤師の仕事とは|薬剤師の就職・転職
大学で働く薬剤師の仕事とは|薬剤師の就職・転職
政府で働く薬剤師の仕事とは|薬剤師の就職・転職

 

▶退職するとき
上司に退職を伝える方法|薬剤師の就職・転職
強い意志を持って退職を伝える|薬剤師の就職・転職

 

▶履歴書・面接のいろは
薬剤師の良い履歴書の書き方|薬剤師の就職・転職
転職が多い場合の履歴書の書き方|薬剤師の就職・転職
薬剤師が就職面接に行くときに必要なもの|薬剤師の就職・転職
面接時、転職コンサルタントに同行してもらう|薬剤師の就職・転職
薬剤師の就職面接で聞かれること|薬剤師の就職・転職
薬剤師の就職面接に行く前に|薬剤師の就職・転職
不採用になる薬剤師の特徴|薬剤師の就職・転職

 

都道府県別から希望の求人を探す

 

薬剤師の就職・転職・スキルアップ

なぜ、一般の方が医療を学ぶべきなのか?

人生の分岐点で成功する「薬剤師の就職・転職・スキルアップ」はこちら

あなたの人生を美しく「癒しの写真」はこちら







ホーム RSS購読 サイトマップ

先頭へ戻る